前へ
次へ

介護者はなぜ腰痛になりやすいのか

高齢化が進むに連れて介護が必要な人がどんどん増えています。家族で介護をするときもあるでしょうが、それが難しいときは介護サービスを利用しなければいけません。介護サービスを行ってくれる会社もたくさんあり職員も多くいますが、現実問題として人不足が起きているようです。介護の仕事をしたいと考えている人はそれなりにいるものの、長く続けられない事情があるようです。その一つとして腰痛があり、あまりひどいので退職してしまう人が増えています。ではなぜ介護業務で腰痛になるかですが、業務の一つとしてある移乗介助があります。介護をする人が自分で起きたり立ち上がったりできないときに、介護者がサポートをして立ち上がらせます。単に体を支えるだけならいいのでしょうが、このときに腰に負担のかかる姿勢で行う人が多くそれが腰痛につながっているようです。介護をする人の腰痛を減らすには、移乗介助の時の正しい姿勢の取り方などを教える必要があるかもしれません。

Page Top