前へ
次へ

正しい姿勢で椅子に座ることで腰痛撃退

最初は楽ですが椅子に長時間座っていると、だんだん腰痛を感じることはしばしばあることです。座ることはイコールで濾しに最も負担をかける行為であり、座るなら腰にできるだけ負担をかけない座り方を実践した方が腰痛で悩まされません。楽なので椅子に腰かけるとつい、直ぐに背もたれによりかかりますし、パソコン画面を見たり何か書いたりするために前かがみになります。意識して座るなら、背骨と首はキチンと伸びている状態にして、骨盤をできるだけ起こすイメージで座ることです。座る時にはお尻で座りますが、イメージとしては椅子の上にヒップの骨が立っているような感じであり、骨盤をできるだけ傾かせないようにします。姿勢の悪さから骨盤が傾いた座り方をずっと続けてしまうと、それに応じて背骨も曲がってしまい、悪い姿勢の代表猫背になるので注意が必要です。背筋を美しくピンと伸ばすためには、骨盤の良い状態を意識するのがポイントになります。

Page Top