前へ
次へ

腰痛の原因を知り対策をしておこう

腰痛の原因は、さまざまです。生活習慣やストレス、仕事なども職業によっては腰に負担がかかる作業などが原因で腰の痛みへとつながることがあります。腰椎椎間板ヘルニアや筋膜性腰痛、骨粗しょう症など腰の痛みがでる症状の代表的な病気です。その他にも日常生活で、腰に痛みが出てしまう、徐々に痛みが酷くなるケースもあれば、急激に痛みが出てしまうケースもあるため症状によっては病院で治療をしてもらうなど悪化を防ぐという意味でも適切な治療をしてもらうことも大切だといえます。生活習慣でも、椅子に座っている時間が長い方は、姿勢が崩れている場合などは腰に負担がかかり腰痛になる可能性もあります。腰痛の原因は、普段の何気ない生活の中に潜んでいるため、腰に痛みある場合には、一度生活状況などをチェックしてみて腰に負担がかかる原因を探ってみることも大切です。痛みがある場合には、自分で対策をして痛みを軽減する工夫をしてみることや医療機関での治療をしてもらうようにしましょう。

Page Top