前へ
次へ

大豆や酢の物に玄米など腰痛対策になる食材

健康を左右するカギは日頃の食生活にあり、腰痛対策になる栄養を食事で摂取することを心掛けるのも良い方法です。低カロリーなのに高たんぱくな畑の肉とも言われる大豆は、腰痛対策にも味方になってくれます。腰の痛みの原因が腎臓の気の不足からきていると、中国では考えられていて、助けになるのが大豆だからです。イワシや秋刀魚にサバなどの魚には、健康に良い天然の脂を豊富に含んでおり、タンパク質も豊富に含まれています。魚の脂は血液をサラサラにするパワーがあるので、全身の血の巡りが良くなり、筋肉の疲れも解消をするので、腰の痛み軽減にもつながる食材です。酢酸を豊富に含む野菜や海藻類を和えてシアがゲル酢の物は、カルシウムやアミノ酸の体内での吸収量を高めてくれます。お酢はカルシウム栄養の含まれる食材と、ともに和えて食べるのがベストな食べ方です。栄養素を削ぎ落した白米ではなく、玄米を食べるように心がけるのは良い選択になります。ビタミンBが豊富な玄米は、体の不調を整えて腰痛対策にも向いている炭水化物です。

Page Top