前へ
次へ

腰痛の中には内臓の病気が原因のものもある

皮膚の表面に痛みを感じるとき、その部分を見ると出血していたり腫れがあるなど痛みの原因がわかります。痛みは非常に重要なサインで、もし痛みが発生しないと傷ができていることに気づかず放置してしまう可能性があります。どんどん悪くなって治療が難しくなったら大変でしょう。多くの場合は痛みがあればその部分に原因があり、その部分の痛みを取る治療をすれば改善していきます。腰痛においても腰の部分の骨の様子や神経の様子が影響することが一般的です。ある人は腰痛として痛みを感じ整形外科を受診しましたが、レントゲンなどをさつえいしても何も症状がありませんでした。痛み以外の症状を確認して見るとどうやら骨や神経ではなくその奥にある内臓に異常があるのではと内科の検査を行いました。すると異常が発見されその後治療を行ったようです。腰に来る痛みの中にはその近くにある内臓に問題がありそれが痛みとして出ることもあるので注意した方がいいでしょう。

Page Top